複雑な外国人材に関する知識を、
eラーニングで、現場まで。

外国人材の活用にあたっては、正しい情報が現場まで浸透していなければ、大きなリスクになり得ます。
このサイトでは、正しい知識を身につけるための
eラーニング教材とコラムをご案内します。

外国人材にまつわる法令違反が後を絶たない

日本で働く外国人材が増えていますが、外国人材を雇用する企業の問題が後を絶ちません。

70%の実習実施者が法令違反

70%の実習実施者が法令違反

技能実習生の実習実施者に対する監督指導、送検等の状況(厚労省平成31年・令和元年)

技能実習計画の認定取消急増

技能実習計画の認定取消が急増

原因として、以下の2点が挙げられます。

1

雇用主側に正しい情報が
流通していない

企業における法令違反は、外国人を雇用する際の「送出し→入国→勤務」の過程におけるそれぞれの法令を遵守できていないことから生じます。 その背景として、「雇用した外国人材の出身国の法令」や、技能実習制度に代表される「出入国関係法令」が、言語の違いや制度の複雑性から理解が難しく、また、しっかりと情報提供されてこなかったことがあげられます。

2

外国人材側が持っているべき情報が伝えられていない

外国人材は、労働基準法やトラブルに会った際の相談先、労働条件の妥当性など、自分の身を守るための最低限の情報を知らないケースが多いです。
コンプライアンスは管理者、実務者それぞれが正しい知識を身につけることから始まります。

LIGHTBOATは、これらの課題を解決すべく、企業、外国人材双方に情報を提供するメディアです。

資料ダウンロード
お問い合わせはこちら